未分類

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。

資格や入試は目的ではなく、手段でしかありません。

資格や入試のために、無意味な労力をさくことはあまり適切でありませんし、結果として、、資格試験や入試のために年月やお金を必要以上に浪費することもいいこととは思えません。

要領を追求した凡人が、最小限の労力で最大の効果をあげることを検討し続けた結果がこのサイトにあります。

入学試験や、資格試験はあくまでも生活に必要な資格や立場を入手するための手段として、目標は資格などを手に入れた先にある、という考え方にご賛同いただける方に、何かのヒントをご提供できれば非常にうれしいです。

なお、私が通過した主な資格などは以下のとおりです。このなかで興味のある資格があれば、その勉強法など参考になるかもしれません。

  ① 医学部入試 ② 医師国家試験 ③ 旧司法試験

  ④ 簿記検定2級 ⑤ TOIEC 720点くらい

  ⑥ 内科認定医・某専門医資格

  (大型自動二輪など運転免許系は割愛です)

 どうかごゆっくりお読みいただければ幸いです。

このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ

 このサイト内を検索できます( ↓ )。ご利用ください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 まず

  適切な資格の選定

とは,何を言っているのか,ということですが,簡単に言えば,

  効率的な,意味のある目標設定をする

という意味です。このサイトの趣旨からもご理解いただけるかと思いますが,

  資格の数を自慢するために資格を取る

というような,よほど時間的余裕がある人でない限り,目的とする資格をどのように選定するかは,予想外に重要なことなわけです。

 たとえば,税理士の入口のために簿記2級を目的としたり,旧司法試験のために法学検定を受けたりするのは,最終目標からすれば,あまり適切ではない,と私は考えるわけです。

 科目や方向性は似ていても,知識の深さや勉強法が異なることはよくあるのです。

 まず,自分がやりたいこと,なりたいものを冷静に考えて,とりあえずは目標を明確に設定する必要があるといえます。

 また,漠然と公務員になりたいと考えたとします。

 この際,最初に考えるべきは,難易度や科目の内容などではなく,

  自分が本当になりたいのはいずれの官公庁の

  どのような職務内容の公務員か

ということを,

  現時点でしっかりと考えて

  現時点での回答を出す

 ということです。大学入学前など,公務員の職務内容を想像もできないのであれば,そこから調べるのが最初のスタートです。

 インターネットで軽く調べただけでもずいぶん分かるものです。

 その際,どうしても複数の資格で迷うのであれば,

  とりあえず難易度の高い方

をターゲットとして,準備を開始するのが肝要かと思われます。勉強開始後に難易度を下げるのは非常に簡単ですので。

 のサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

 平素,ブログをお読みいただき,誠にありがとうございます。

 非常に光栄なことに,コメントを頂戴することに加えまして,メールフォームをご利用いただき,ご質問やご相談を受けることが多くなって参りました。

 なるべく早急にお答え申し上げるよう心がけますが,私の力不足ゆえ,遅れる場合もあるかと思います。気長にお待ちいただけるとうれしいです。

 また,ご質問・ご相談として頂戴した話題が,一般論としてブログの記事にさせていただけそうな場合,その旨のご許可をお願いする場合もあるかと思います。その場合,ご協力いただけると,また助かります(もちろん,ご質問が元ネタであることなどは伏せます)。

(ブログのネタも無限ではないので・・・・)

 ご理解とご協力のほど,なにとぞよろしくお願い申し上げます。

 のサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ

 

お詫びと訂正です。

個別方法論-司法試験編-総論⑥において,「芦辺の憲法」という表記がありましたが,芦部先生の表記を私が誤ったものです。

ここでお詫びの上,訂正させていただきます。

なお,この誤記の指摘はこのブログをお読みいただいた方から頂戴しました。今後とも何か誤記などがございましたら,コメント,メールフォームからのメールでも結構ですので,ご指摘いただけますと幸甚です。

今後ともよろしくお願い申し上げます。 Currypanguma

 

昔は旧司法試験にも法律選択というものがありました。

内容としては,

  行政法 破産法 刑事政策
  国際公法 国際私法 労働法
  から1科目選択


でした。この選択の場合にも,私は

  いかに合格しやすいか

だけの基準だけで検討・法律選択を選んだのを覚えています。

 当時,メジャーな法律選択と訴訟法の組み合わせは,

  民事訴訟法+破産法
  刑事訴訟法+刑事政策


でした。

しかし,私が選択したのは民事訴訟法+国際私法でした。

 民事訴訟法にした理由はたいしたことはないのですが,検討の結果,

 弁護士として刑事訴訟法にほとんど接しない人はいても

 民事訴訟法と無縁な人はいない

という情報を得た上で,

  民訴と刑訴はほとんど勉強量が同じ

という情報を得たからです。

 国際私法を選んだのは

 ① 当時の条文,「法例」の条文数が30条ちょっとと少ない
 ② おきまりの教科書しかない
 ③ 総じて勉強量・争点が少ない


という理由でした。

 結果として,国際私法という科目自体にも興味を持て,

 国際私法がおそらく試験科目でもっとも得意となってしまった

のです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。