総論

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。

資格や入試は目的ではなく、手段でしかありません。

資格や入試のために、無意味な労力をさくことはあまり適切でありませんし、結果として、、資格試験や入試のために年月やお金を必要以上に浪費することもいいこととは思えません。

要領を追求した凡人が、最小限の労力で最大の効果をあげることを検討し続けた結果がこのサイトにあります。

入学試験や、資格試験はあくまでも生活に必要な資格や立場を入手するための手段として、目標は資格などを手に入れた先にある、という考え方にご賛同いただける方に、何かのヒントをご提供できれば非常にうれしいです。

なお、私が通過した主な資格などは以下のとおりです。このなかで興味のある資格があれば、その勉強法など参考になるかもしれません。

  ① 医学部入試 ② 医師国家試験 ③ 旧司法試験

  ④ 簿記検定2級 ⑤ TOIEC 720点くらい

  ⑥ 内科認定医・某専門医資格

  (大型自動二輪など運転免許系は割愛です)

 どうかごゆっくりお読みいただければ幸いです。

このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ

 このサイト内を検索できます( ↓ )。ご利用ください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 さて,夏休み中について,いろいろなことを勝手に偉そうに書いていますが,じゃあ,お前はどうして過ごしていたんだ,とお怒りを受けそうなので,具体的にどうすればよいのか,今日は考えてみたいと思います。
 
 昨日もここに書きましたとおり,私も失敗の思い出があるからこそ,昨日のようなことを書けるわけで,常に後悔のない夏休み・中だるみ期間を送っていたわけではありません。

 そして,今は旧司法試験が昔の話になりつつある時代なので,昔の旧司法試験のような論文と口述の間のような中だるみ期間は,資格勉強生活自体になくなりつつあります。

 そこで,私の経験と想像を踏まえつつ,

 試験勉強は終わったけど合格発表前
 
 資格試験の難易度が高く自信がない
 
という状況を前提に考えてみたいと思います。つまり,合格していれば資格試験の勉強をする必要はないのだけど,さすがに今回ですっきり合格するとも思えない,という場合です。

 したがって,合格が終着点ではないような試験,たとえば語学のTOIECなどの試験では当てはまりません。

 ここでやはり基本となるのは,

  学者になるのでなく実務家になる 
 
ことでしょう。

 確かに,不合格を覚悟しているのも精神的によろしくありませんし,何より,

  不合格でやむを得ないと思っているうちは

  だいたい不合格である


ものです。とすれば,

 実務家になった際にも役立ち

 資格試験にも役立つもの


を選ぶことになるでしょう。たとえば,弁護士でいえば,

 弁護士会や法曹協会が出している本

あたりでしょうか。ちょうど,医者でいえば

 研修医ハンドブックあたり

でしょう。ここで注意したいのは,結局,ここで読むのも

 百選や基本書ではない

ということです。結局,資格試験のみならず,実務家にとっても,最初に読む本はこれではないのです。

・・・私が弁護士になったころ(今もあるのかな?)の,私が入会した弁護士会では,国選刑事事件を2件するのが新人弁護士の研修として義務でしたが,そのときに読んだのは刑事訴訟法の教科書ではなく,弁護士会編集の国選弁護マニュアルという本だったことを思い出します。

・・・・続く。

  このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

 さて,夏休み中に

 基本書や百選を有意義に読む際の注意点

について,今回はかんがえてみたいと思います。

 昨日も申し上げたとおり,

  学者になるのでなく実務家になる
 
 医者にたとえれば

  研究者ではなく臨床医になる

 スポーツにたとえれば

  体育科の教授ではなく選手になる

のですから,必然的に基本書を使う場合には注意が必要です。夏休みなどで時間的余裕があるのであれば,ある程度,許容されますが,ここで注意すべきは,

 基本書や百選は資格試験合格のために書かれていない

  資格試験のポイントとはずれている

  必然的に無駄が多い


ということを自覚し直す必要があります。

 抽象的にいえば,

  資格試験合格のために必要な限りで

  基本書や百選に当たる

という大原則を忘れないことです。具体的に例を挙げれば,

 資格試験の予備校などでは表面的にしか教えてくれない部分について,基本書の該当箇所を当たったり,ヤマと思われたり,予備校の答練で頻出の争点について,百選の該当箇所を読み直すということになります。
 こうすることにより,資格試験の勉強が学問的な深みをまし,おもしろくなり,ひいては資格試験の勉強がおもしろくなってくる,ということが起きます。

 これは,スポーツの練習で,自分のやっている練習の意味が理解できるとつらい練習もやる気が起きるが,本ばかり読んでいてもスポーツは絶対に上達しない,ということににています。

 決して,資格試験の役に立つかどうか=目的に役立っているのか,という視点を忘れるべきではありません。

 私も経験のあるミスとしては,ふと基本書の一部を読んでいると,それまで読んでいなかった箇所が目に入ってしまい,思わず基本書を広く読んでしまったものの,難しくてわからないか,所詮1日では時間が足りずに試験にでそうのない部分だけを読んで時間を無駄にする,というパターンです。

 もちろん,筆者が有名だから,試験委員だからという理由だけで,基本書を頭から読もうとするのは最悪なパターンですね。

 それで理解でき,資格試験の合格に役立つほどの頭を持っているのであれば,そもそも資格試験の勉強法などを検討する必要がないほど,優秀だと思います(こういう方がいることも確かです)。私は少なくとも違いました・・・・

・・・・続く。

  このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ 

 先日の続きです。夏休み中にもハイペースで勉強されていた中のうちで, 私が

  勉強しているというより

  勉強している気になって満足しているだけ

と思ってしまっていた方たちは,いったいどういう状態だったのでしょうか。

 実は私自身もそうであった時期があり,後になって失敗したと感じているからこそわかるのですが,よくあるパターン=いわゆるベテラン受験生のパターン=資格試験に落ちるタイプの典型的なパターンとしては,

 基本書や百選を無意味に読んでしまう

 まとめノートなどを綺麗に作成してしまう

という大きくわけて2つの系統があると思います。

 以前,ここで解説させていただいたとおり,綺麗なまとめノートを作るのは,私個人は

  全くの時間の無駄

  勉強した気分になれる麻薬

だと思っておりますので,時間がある夏休みにこれをしてしまうのであれば,やはり遊んで友達を増やして人生を豊かにしたほうがよほどマシ,と感じます。

 前者,つまり基本書や百選を無意味に読んでしまう,というのは,それとは少し意味合いが違います。

 この点も以前あつく語っていますが,私は

  学者になるのでなく実務家になる

のであれば,基本書は少なくとも資格試験には無駄である,との立場です。

 しかし,夏休みなどで仮に時間的余裕があるのであれば,それはある程度,許容されるのではないか,と思っています。

 そこで,余裕のある夏休みにおける基本書・百選の読み込みが資格試験勉強で許容される範囲と,それが無駄・無意味になる違いとはなんでしょうか。

・・・・続く。

  このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ 

 昨日の続きです。

  必要な程度のおつきあい・お遊びはキープ

ですが,本来,資格試験合格を考えれば,遊ぶなんてとんでもない,勉強すべきだ,とのご意見があるのもよく分かります。

 したがって,

 それが本当にできるのであれば,

 勉強し続けてもよい

と思います。このブログの冒頭にも書いてあるとおり,基本的にこのブログの対象は,

 凡人=普通の人が対象

なので,仮に試験前でもない夏休みに,ずっと集中力を上げていられるのであれば,それはすでに凡人ではないと思いますし,そんな風に持続して勉強できるのであれば,

 旧司法試験であれば2年で合格できるだろう

と思うからです。

 少なくとも私は,そこまでストイックに勉強することはできませんでした。その上,周囲に夏休みなども脇目もふらず勉強している人もいましたが,私から見る限り,それは

  勉強しているというより

  勉強している気になって満足しているだけ

のようだったからです。

 もしそうなのであれば,むしろある程度は遊び,残った時間で密度高く勉強したほうがよいと思われます。
 
 では,中だるみの時期に注意すべき「勉強している気になって満足しているが,実際はほとんど勉強の意味がない」状態とはどのような状態だったのでしょうか。

 
・・・・続く。

  このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ 

 昨日の続きです。

 さて、夏休み期間などの

 中だるみのリスクの高まる時期

に重要なことの一つとして,まずは,

  必要な程度のおつきあい・お遊びはキープ

をあげました。これがなぜポイントなのか,と申しますと,一つはやはり日頃,資格試験で迷惑をかけている周囲への恩返し,という積極的な側面があります。

 たとえば家族。たとえば恋人,両親など。日頃資格試験だからと気を遣ってくれていた友人たちなど。必ず配慮すべき人はいるはずです。これらの方々のためであれば,思い切って時間を使いましょう。

 自分の気分転換にもなりますし,これがかえって残り時間の効率化につながります。

 たとえば,今日は友人と遊びに行く,と決めてしまえばその前後でほんの少しだけ勉強しようという契機にもなりますし,そういう時の集中力はなかなかのものです(楽しいことが後に控えているから)。
 
 私も夏休みは結構遊びに出かけましたし,なにより部活やサークルの合宿には参加していましたので,勉強ではないものの,忙しい日程を夏休み期間中でもこなしていました。

 そんななか,やはり待ち合わせ時間が余ったら単語帳にまとめておいた定義を思い出しておいたり,サークルの合宿中は少しトイレで論証などを思い出したりと

  細切れ時間の利用

ひいては

  短時間だから我慢できる暗記物

に利用していました。ここらへんは人によって多少違ってよいと思いますが。

・・・・続く。

  このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。