対資格グッズ

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。

資格や入試は目的ではなく、手段でしかありません。

資格や入試のために、無意味な労力をさくことはあまり適切でありませんし、結果として、、資格試験や入試のために年月やお金を必要以上に浪費することもいいこととは思えません。

要領を追求した凡人が、最小限の労力で最大の効果をあげることを検討し続けた結果がこのサイトにあります。

入学試験や、資格試験はあくまでも生活に必要な資格や立場を入手するための手段として、目標は資格などを手に入れた先にある、という考え方にご賛同いただける方に、何かのヒントをご提供できれば非常にうれしいです。

なお、私が通過した主な資格などは以下のとおりです。このなかで興味のある資格があれば、その勉強法など参考になるかもしれません。

  ① 医学部入試 ② 医師国家試験 ③ 旧司法試験

  ④ 簿記検定2級 ⑤ TOIEC 720点くらい

  ⑥ 内科認定医・某専門医資格

  (大型自動二輪など運転免許系は割愛です)

 どうかごゆっくりお読みいただければ幸いです。

このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ

 このサイト内を検索できます( ↓ )。ご利用ください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトプット重視と勉強資料のリンク④ に戻る

 次に,アウトプットだけではなく,よく予備校で受講を薦められる

  ⑤ 上級者用インプット講座

について,考えてみたいと思います。

 私が司法試験を受験していたころ,(旧)司法試験の初級者講座以外に合格者の最大公約数としては,LECを受講している人はおおむね,

  択一には択一基礎力講座

  論文には論文基礎力養成講座

みたいな内容の,上級者用インプット講座を受講していました。

 私は,当時大学生で

  時間とお金がなかった

ことに加えて,論文基礎力完全講座のキモが,要は

  論証カードの入手

のような気がしたため,論文の上級者講座は,論証カードをコピーしておしまいにしてしまいました。

 ただ,皆,択一についても上級者講座を受講しており,私も不安になったので,択一の上級者インプット講座だけは受講することにしました。

 今から振り返りますと,

  まあ受講しても損はない

という印象で,必須とはいえないと思います。

 もし,今から私が他の法律系資格試験を受けろといわれれば,それなりに難関な資格であっても,インプットは初心者講座だけで済ますと思います。

 それよりも重要なのは,

  上級者インプット講座まで受講したから

  過去問などが解けるようになるはず

などと勘違いせず,

  アウトプットもそれなりに練習しなければならない

ということを心すべきかと思います。

アウトプット重視と勉強資料のリンク④ に戻る

アウトプット重視と勉強資料のリンク⑥ へ進む


このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。


にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ


 

 

スポンサーサイト

 さて,今回は少し進んで残っている試験グッズについてお話したいと思います。

 ずいぶん前にお話しました試験グッズですが,そのうち四番目にあげました

   ④ 辞書的バックアップとして予備校の対策用教科書

についてです。

 あえて「予備校の」とお示しした理由は,基本書を積極的に除外するためです。

 以前記載したように,私は司法試験をはじめとした法律系資格試験に法律の教科書,いわゆる基本書は必要がない,むしろ(特に私のような理系頭には)資格試験に

  基本書が有害となりうる,少なくとも著しく非効率的

であるからです。ちなみに,あくまでも資格試験に限った話であり,

  法科大学院でいい成績を取るためには

必要かもしれません。

 予備校の教科書ですが,できれば初心者講座で進められた,ないしは同じ予備校が作成したものが好ましいでしょう。

 私の予備校時代には,早稲田セミナーとLECの教科書をちらっと読んだことがありますが,

  早稲田セミナーのテキストの量が多すぎる

ため,LECの教科書を購入し,辞書的に部分部分で読んでいました。

 もちろん,アウトプットの復習の補充の程度で読んでいましたので,

  すべて読んだことはありません

でした。

 今の予備校の教科書はよく分かりませんので,これも本屋で手にとって選べばよいと思います。

 ただ,私は,法律選択で

  国際私法という少しマニアックな科目

だったため,弁護士として働き初めてから困ったのは労働法,倒産法,行政法でした。その中でまず読んだのが以下の予備校本です。これを読んでから,基本書などを読みました。

 入口としては比較的おすすめできると思いますが,別に伊藤真先生を推すわけではありませんのでそのつもりで。あくまでも参考としてください。

行政法の教科書

 労働法 第3版 (伊藤真実務法律基礎講座1)

伊藤真実務法律基礎講座 倒産法 第2版

行政法 (伊藤真試験対策講座)

 これらの教科書でなくとも,

  ① 自分の目標とする資格試験対策と銘打ってある

  ② なるべく薄く,読みやすい

  ③ 条文,判例ができれば並列して書いてあり,

    個別に六法が不要

などの条件がそろっていればよいと思います。

アウトプット重視と勉強資料のリンク③ へ戻る


このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。


にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ


 

 

ずいぶん回り道をしましたが,

  ③ 追加のアウトプット資料=市販問題集

について追加してお話させていただきたいと思います。

 偉そうにこのようなことを書いておりますと,きっと

  実際,おまえはどのくらい問題を解いていたんだ

とおしかりを受けそうな気がいたしますので,古い話ではありますが,私がどのようなアウトプットをしていたのか,今回は具体的に内容を挙げたいと思います。

 私が勉強を始めた当時は,また伊藤塾がありませんでしたが,合格したころには司法試験専門予備校として伊藤塾ができていました。

 したがって,私が司法試験に最終合格するころには,LEC,早稲田セミナー,辰巳,伊藤塾が大手予備校として存在していました。

 まず,過去問以外の問題集としては,

  当時出版されていた論文問題集すべて(ただし予備校もの)

  択一に関しては早稲田セミナーの電話帳のような問題集

  (前年度の模試の問題をまとめた物)

を使用していました。

 予備校の講座ものとしては,択一については

  伊藤塾以外の直前模試

は2回x3=6回受験していました。

 私が大好きだったのは,LECの

  早朝択一答練

という,朝6時30分ころから行われるやつで,1時間20問で毎日問題を解きまくるものでした。

  アウトプットの練習にもなり

  強制的に早起きさせられる

という利点があります。 当時は,択一問題の質は,

  LECが一番微妙

だった(今は知りません)のですが,合格までほぼ毎年受講していたような記憶です。

 今もあるのでしょうか・・・懐かしいです。

論文については続く・・・

このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。


にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ


 

 

何を使って勉強する?具体的勉強資料の考察② に戻る

 今回は,前回に続き

  ③ 追加のアウトプット資料=市販問題集

についてお話させていただきたいと思います。

 ここでいろいろな問題集があり,いかなる基準でどのように,どれくらいの量を解いていけばよいのか,悩みどろこは多いと思います。

 しかし,この市販問題集(過去問以外の問題集)が,私の考える

  アウトプット重視

の考えに基づいた場合には,きわめて重要な勉強法になります。

 なぜなら,多少以前お話したかもしれませんが,

  予備校の講義が過去問を材料に作成されている

  過去問は繰り返し勉強するのでインプットの学習と類似する

という理由が一つ。

  言い方を変えれば,過去問だけでは(少なくとも司法試験では),

  アウトプットの学習として十分ではない

ないしは

  アウトプットとして過去問だけだと非効率的な合格=

  時間もお金も余計にかかる

  新司法試験であれば3回落ちるリスクがある

からです。

 では,どのような考えをもって,私は過去問以外の問題集を解くことが重要だとこのように強弁するのでしょうか?

 少し遠回りになるかもしれませんが,ここで私が以前少しお話した,

  司法試験・特に論文試験は数学の勉強とそっくりである

というお話をさせていただきたいと思います。 

何を使って勉強する?具体的勉強資料の考察② に戻る

このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。


にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ


 

 

何を使って勉強する?具体的勉強資料の考察① へ戻る

 今回は,①最初のインプットの材料=各初心者講座に続いて

  当初のアウトプット材料=過去問題集

について私の意見をご提案したいと思います。

 過去問集は,基本的にいかなる法律系資格でも

 もっとも重要・必須アイテム

であることに争いはないでしょう。

過去問集は各試験ごとにいろいろとあるでしょうから,基本的にはなんでもよいです。私のお薦めする条件は,

 ① 問題と解説がペアになっている

 (問題集と解説集が分かれていない)

 ② 解説が充実している

 ③ 年度ごとでなく,テーマごとに分かれている

 ④ 年度別は不可

という条件がそろっているのが理想的です。

 過去問集は,

  すべての受験生が押さえている

ため,仮に過去問と同じ・類似の問題が出た場合,

  正解であることは必須

  誤るとほかの受験生からのマイナス

となるため,きわめて重要です。

 としますと,繰り返し勉強せざるを得ず,最終的には過去問を解く作業が

 アウトプットの練習というよりも

 インプット=知識の確認

とならざるを得ない側面があります。すると,過去問は,

 アウトプットというよりもインプットの一部

としての使い方になり,具体的には

 各分野の勉強をしたら,すぐに同分野の過去問を解く

 その分野の知識を確認

という使用法が合理的です。

 すわなち,予備校のテキスト,講義は,過去問の出題傾向を当然前提に作成されていますから,過去問はアウトプットというよりもインプットの復習のために使用する,という感覚が妥当と思われます。

 私は上記①~③の条件が好ましいと考え,ご提案しましたが,これらの条件を満たしている本はいろいろあると思いますので,店頭で手にとってあうものであればよいと思います。

 ちなみに,今はもう出版されていないようですが,私個人は,LECの択一過去問を使用していました。これは①~③の条件を満たし,しかも本の大きさが小さかったので持ち運びがしやすく,使用していました。

 今,書店の資格本コーナーを見ると,昔なかったような択一関係の予備校本がたくさんあるようで,うらやましい限りです。

 今の司法試験だったら,自分なら

司法試験短答式過去問〈1〉憲法 (伊藤真NEWセレクション)

 このシリーズあたりをまず使用するかもしれません。新旧司法試験,プレテストも入っていて単元別,また予備校らしい解説というのは魅力です。

 もちろん,早稲田セミナーでもLECでもいいです。でも,昔予備校以外が出版していた某過去問集は,年度別の上に問題集と解答が別冊になっていて,本当に使いにくく,ほとんど読まなかったのを覚えています。 

何を使って勉強する?具体的勉強資料の考察① へ戻る

何を使って勉強する?具体的勉強資料の考察③ へ進む

このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。


にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ


 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。