2009年12月15日

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 さらにトイレで思い出しましたが,私が旧司法試験に合格したときにはいわゆる研修医1年目でした。

 そして,一番最後の試験である某専門医試験を受験したときには弁護士と医者の仕事を同時にしていました。

 この二つの試験を受けていたときは,極限まで時間がなく,勉強時間を捻出するのに苦労しました。

私がよく利用していた隙間時間は

  典型的には電車の中などの移動時間

  さらに歩いている時間

  トイレの時間

 意外に侮れないのが,このうち歩いている時間です。

 歩いている時間は結構ぼけーっとしているので,勉強時間に使うと集中できて,特に記憶ものには有益でした。

 歩いている時間とは,通勤時間・移動時間はもちろんですが,私の場合には

  病院内を歩き回っている時間

などによくカードを使って復習してました。

 さらに,私は記憶の復習をしているとどうしても眠くなるのですが,歩いている時間はさすがに寝れないので,この点でも記憶の復習には最適でした。

 全く関係ないですが,このものすごく忙しい時間を過ごした人にはよくあることですが,

  電車の中で立ちながら寝る

  トイレの中で熟睡

  飛行機離陸前に寝て着陸の衝撃音で起きる

など,

  人間でどんな条件でも結構寝れるんだな

と貴重な経験をしました。

このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。