2009年12月25日

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日, 旧司法試験を受験中,最終的に,

  LEC,早稲田セミナー,母校の大学

と答練だけで1週間合計12通受けいた,と書いてしまいました。

 そして,週6回答練を受けていたと書きましたが,よく考えるとLEC,早稲田セミナーはそれぞれ週2回=4回,母校の答練は1回の他,早朝答練(平日朝1通書く)を受けていたので合計12通以上になりますが,正式な答練自体は週6回ではありませんでした。

 早朝答練以外は土日に集中して受けておりましたが,土曜日の午前中は部活がありましたし,土曜日の夜にはバイトもしていたので,土日は毎週完全につぶれておりました。

 そのため,効率的に答練の復習をすることが必要でした。

 ポイントとしては,私が意識していたのは受験後,なるべく早く復習することです。

 答練中考えていたことを忘れてしまうので,時間がたってから解説を読んでも,自分がどこがわかっていないのか,忘れてしまうからです。

 なるべく早く復習を済ませるコツは,

  ① 午前中の答練は,昼休みを使ってでも早く復習する

  ② インプット資料追加に時間をかけない

  ③ できれば家に帰る前に終わらせる

を意識するようにしておりました。

 復習して知らない論点などがあっても,綺麗にノートに書き写したり,関連した判例を探してコピーしたりはほとんどせず,解説の範囲ですますようにしていました。

 反対にいえば,解説に書いてある範囲だけは消化しようと必死でした。

 私は書き写すとただ書き写すだけになって=頭を使わなくて時間の無駄なので,解答の該当部分をコピーして,切り抜いてカードに貼り付けて資料作成はおしまいにしていました。

 のサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。