2009年12月26日

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 クリスマスが過ぎ,すっかり残すは正月です。

 私が受験生のころ,某予備校の校長が,某予備校の書店売り場のビデオの中で,甲高い声で,

  合格しか考えるな

と叫んでいたのがあまりに印象的で,これまた年末の今の時期になると思い出すのが

  受験生は人様がお休みのときでも勉強すべきか

ということです。

 これは試験ものに普遍的なテーマです。

 古くは私が小学生のころ,中学受験をする小学六年生が,某有名私立学校の裏門で元旦に

  絶対合格などと叫ぶ

姿をニュースで見て,

  なんだこの宗教的な集団は

と小学生ながら少し怖くなったのをよく覚えています。

 結論からいえば,その人の性格によると思いますが,私の場合にはたとえば正月には

  いつもの4割くらいの勉強量

  年末特番を見たり初詣はしていた

という状態です。

 やはり,周囲が正月気分でいるときに一人勉強するのは結構精神的にストレスたまります。反対に,年末や正月に少し休むためにそれ以外の時期に思い切りやる契機にもなります。

 たとえば,31日と1日,2日とみたいテレビ番組のために29,30日と思い切り勉強しよう,といいモチベーションになりました。

 反対に,正月も勉強すると,

  皆が勉強していないときに勉強する予定

と私のような怠け者は日頃の勉強を怠ける理由に無意識にしてしまうのです。

 また,旧司法試験時代,正月にも予備校の予備校にきて勉強していたと自慢してしまう人は,だいたい

  要領の悪い人

だっため,それが私にとって反面教師になっていたという面もあります。

 一番大事なのは,勉強時間ではなく,

  勉強時間x効率(勉強濃度ともいえる)

  x方向性(資格試験にあっているか)

です。

 ただ教科書を写しているだけのまとめノートを正月作っている=全く頭を使っていないのであれば,問題を解いてしっかり頭を使って,残り時間を,家族と一緒に年末お笑い番組でも見て大笑いしていたほうがよいのではないでしょうか?

  のサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。