2009年12月28日

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 さて,予備校の自習室や,大学の司法試験用自習室などに出入りしていますと,必然的にお知り合いができます。

 以前も書いたかもしれませんが,当時,医学部生で旧司法試験を受験するような変人はほとんどおらず,なぜか私は恥ずかしくて旧司法試験を受験することは内密にしていました。

 当時,インターネットなどもなく,初心者講座も通信で受講していたので,私はほぼ100%,ほかの受験生と話す機会がありませんでした。

 私に旧司法試験のお知り合いができはじめたのは,おそらく択一試験に2回くらい合格した後,つまり勉強法などがある程度一定化してきたころです。

 したがって,はじめの勉強の方向性・勉強法などは私は完全に

  複数の合格体験記のみに従って

実行していたことになります。

 しかし,今になって考えますと,これが非常に私にとってよい勉強のスタートとなったのだと思います。

 では,同じ資格試験受験生のお知り合い,ご友人が当初全くいなくて見えてきたこととはなんでしょうか。

 まとめていいますと,中学受験や大学受験はともかく=志望校が完全に一致していることは少ないから,

  資格試験での受験生仲間つきあいは

  結構注意が必要ではないか

ということです。

 明日に続く・・・・

 のサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。