2010年07月

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日の続きです。

  必要な程度のおつきあい・お遊びはキープ

ですが,本来,資格試験合格を考えれば,遊ぶなんてとんでもない,勉強すべきだ,とのご意見があるのもよく分かります。

 したがって,

 それが本当にできるのであれば,

 勉強し続けてもよい

と思います。このブログの冒頭にも書いてあるとおり,基本的にこのブログの対象は,

 凡人=普通の人が対象

なので,仮に試験前でもない夏休みに,ずっと集中力を上げていられるのであれば,それはすでに凡人ではないと思いますし,そんな風に持続して勉強できるのであれば,

 旧司法試験であれば2年で合格できるだろう

と思うからです。

 少なくとも私は,そこまでストイックに勉強することはできませんでした。その上,周囲に夏休みなども脇目もふらず勉強している人もいましたが,私から見る限り,それは

  勉強しているというより

  勉強している気になって満足しているだけ

のようだったからです。

 もしそうなのであれば,むしろある程度は遊び,残った時間で密度高く勉強したほうがよいと思われます。
 
 では,中だるみの時期に注意すべき「勉強している気になって満足しているが,実際はほとんど勉強の意味がない」状態とはどのような状態だったのでしょうか。

 
・・・・続く。

  このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。