合格癖をつける 続き

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 資格試験の落ち癖の反対,合格癖で思い出したので,少し追加します。

 結局,落ち癖の反対を考えればよいのかもしれませんが,複数回挑戦しなければならない資格試験の場合には,もっとも重要なのは

  合格から離れるような環境を避ける

  不合格を許容することが決してないように常に心がける

ことが一番難しく,同時に一番大切であると思います。

 決して不合格でもよいと思っているわけでもないけど,やはり時として長期間にわたる試験期間・・・そのテンションを維持するのはなかなか困難なものです。

 明日から心がけだけで実行できる方法としては,以前の一部繰り返しになしますが,まずは

  いいわけをしない

ということがもっとも重要であろうと思います。

 たとえば,私が司法試験に最終合格した研修医1年目時代には,意地でも

  忙しくて勉強時間がない

とか,

  研修医の仕事で眠れない

とか

  当直で徹夜させられて疲れた

ということを理由に司法試験の勉強を手を抜いたりしないように心がけていました。

 もちろん,反対に研修医といえど,人様の命がかかっている仕事ですので,司法試験受験を続けていることを理由に手を抜かないようにしていたのも同様です。

 特に注意しなければならないのは,試験制度に対する不満です。

 たとえば,新司法試験で

  8割受かるはずなのに3~4割なんて詐欺だ

という声も聞きましたが,こんなことをいっているうちは確実に落ちます(実際に,私はこんなことを口走っている人に会いましたが,少なくとも私が知る限りでは1回では受かっていません)。

 確実に合格するような実力をつけている人が,このような愚痴をいうとは思えず,単に自分の努力不足を他人のせいにしているだけです。

 あとは,答練や模試をたくさん受けて,合格推定をとって,どんどん勝ち癖をつけるのが具体的な方法としてはもっとも効率がよいと思います。 

 のサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ

 

この記事へのコメント
先生、こんにちは!本日も読んでいて気合が入りました。受験に限らず、全てに通じると思います。勉強になります。
2010/01/08(金) 15:52 | URL | きょろちゃん #-[ 編集]
きゅろちゃん 様
いつもコメントありがとうございます。また,いつも偉そうな記事を読んでいただき,本当にありがとうございます。

2010/01/08(金) 16:19 | URL | currypanguma #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://currypanguma.blog47.fc2.com/tb.php/100-14f4cbce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。