アウトプットの復習でついでに判例学習のすすめ

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 アウトプットの復習で判例の見直し・学習で,

 自分が間違えた=理解していない判例ほど見直す

 問題集に出る=資格試験に出やすい判例ほど見直す

ということは,比較的イメージがつきやすいのではないかと思います。

 ここで考えると,

問題で間違えない限り勉強することのない判例が出てくるのではないか。

百選のうち問題集などに出てこない判例が出てくるのではないか

というご疑問,不安があるかと思われます。

 私もこのような考えで発作的に判例集を読んだこともありましたが,結局時間がなくて挫折,でも結局は合格できていますので,基本的には致命的なものではなく,あまり不安に思わなくてよいのではないかと思います。

 つまり,第一の不安については,

 間違えていない=理解しているのであればさらに学習する必要性が低いのではないか,または常識で判断できるのでいちいち個別に学習する必要がないのではないかと思われます。

 次に,問題集などに出てこない判例であれば,百選に載っていようと資格試験に出る可能性が低いのではないかということです。

 もちろん,この前提のためには,注意点があります。

 一つは,問題集が資格試験対策用であり,学者さんが作成された法学部の教材になっているようなものではないこと。

 二つは,自分が全く知らない判例は,試験には出ないか,出たとしても皆間違える,と自信を持てるほどに問題集や答練,模試を解きまくる,ということです。

 また,もう一つポイントとしては,間違えてない問題や正誤を正確に判断できた枝についてまで判例学習を広げないということも効率という観点では重要です。

 このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ 

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://currypanguma.blog47.fc2.com/tb.php/112-44c7b596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。