医師国家試験と司法試験の似ているところ

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 一昨日からまとめノートの話から話がずれきっていますが,このまま話を続けてしまいます。

 さて,前回は軽く旧司法試験と医師国家試験の勉強法の違いに触れたところで,今回は両方の試験の共通点,つまり医師国家試験と旧司法試験の共通点について考えてみたいと思います。

 これは旧司法試験のみならず,いわゆる独立系資格の試験には共通する考え方であると思いますので,他の法律系資格試験=取得したらそれでご飯が食べていけるような資格の取得を目指しておられる方の参考になるかと期待しています。

 さて,結論から書いてしまえば,

  医者と弁護士(=ひいては他の法律系資格も)

  の資格を取るまでの勉強のステップはとても似ている

ということをいいたいと思います。これにより,旧司法試験と医師国家試験での勉強法の違い,つまり

 医師国家試験でまとめノートを

 作成している人などひとりも見たことがない

 医師国家試験で試験対策専用以外の

 専門医学書を読み込む人などいない

という事情をご説明して,結局は

まとめノートって,資格試験の勉強で本当に有益なのか?

という形で自説(アンチまとめノート説,アンチ基本書説)を展開してみます(相当論理の飛躍,独善的な前提の設定がありますが,そこはブログということで大目に見ていただきます)。

 さて,医師国家試験と旧司法試験を同時進行で勉強した貴重(悲惨?)な経験に基づいて考えますと,

 両者の勉強課程はとてもよく似ている

と思われます。

医者は,大学により少し違うかもしれませんが,だいたい資格取得→初心者段階の勉強のステップが一緒です。きわめておおまかに分ければ

 一般教養(大学初期)→

 基礎系科目(大学中期)→

 臨床系科目(大学中期~後期)→

 臨床系実習(大学後期)→

 初期臨床研修(医者1,2年目)→

 各科へ(独り立ちはまだまだ)

という感じでしょう。

 実は,弁護士になるにも,今現在,法学部から法科大学院へ進むのが最も標準なステップとしますと,医者と同じようなステップを踏んでいます。とはいっても,誰もこんなことを検討していないので,あくまでも私見に基づき,医者とそろえてみますと,

 一般教養(大学1,2年)→

 法学系科目(大学3,4年の法学講義)

 実務系科目(法科大学院)→

 実務系実習(法科大学院の一部と司法修習)→

 イソ弁時代(弁護士になって数年)→独り立ち????

という形です。きっと,必須かどうか,各段階がシステムとして成立しているかどうかをのぞけば,他の弁理士や公認会計士,司法書士,行政書士なども同じような段階を踏むでしょう。

 当たり前ですが,医者は人の体を治し,弁護士は人と人とのトラブルを治す,ということでその専門性の方向は似ているのですから,その成長過程も似てくることになるのでしょう。

 ここで注目すべきは成長過程での資格試験のタイミングです。

 続く。

  このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ 

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://currypanguma.blog47.fc2.com/tb.php/120-b895ac2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。