医師国家試験と司法試験の似ているところ,違うところ

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 前日からの続きです。

 医師国家試験と旧司法試験は,

 両者の勉強課程はとてもよく似ている

ということで,弁護士と医者になるまでの学習過程を比較してみました。

 そのうち,医師の資格を得るのは,

 臨床系実習(大学後期)→

 初期臨床研修(医者1,2年目)

の間です。これに比べて,法曹になる資格は,実は,

 実務系実習(法科大学院の一部と司法修習)→

 イソ弁時代(弁護士になって数年)

ここの間です。正確に比較すると,医師国家試験合格=医師の資格を得るのと同等の時点は,

  司法修習の2回試験合格

です。司法試験合格ではありません。

 なぜなら,医師国家試験合格の時点は,仮にも実習をすべてこなしてきており,なんとか臨床現場で下っ端として働いては行けますが,旧司法試験合格時は,全くもって実務のことを知らないに等しく(起案一つできない),もし同じレベルの経験と考えると,司法修習終了時=すべての実務修習を終えた時点と考えられるからです。

 とすれば,

医師になる試験と法曹になる試験の合格率はあまり変わらない

ということになります。つまり,

医師国家試験と司法試験は段階が別の時点での試験

なので,よくマスコミなどで比較される合格率とか試験のデータ自体を比較してもあまり意味がないのです。

 反対にいえば,同じ専門資格の試験なのに,受験層の最も違うポイントは,

 実習など現場に出るための練習=机上の勉強以外の学習

がどれほどすんでいるか,ということになります。

 ちなみに,新司法試験であっても,旧司法試験との違いが司法修習の前後期修習の内容が含まれるかどうか,であるとすれば,結局は新司法試験の受験層も,実習に相当する部分をほとんど全く経験していない(リーガルクリニックの時間数などたかがしれる)ので,実際は新旧で試験の方向性はほとんど変わらないことになります(単に程度の差)。 

 反対に,この点の違いを留意しておけば,医師国家試験と司法試験(試験合格後に”実習”を行う大半の法律系資格も同じく)の勉強の”コツ”自体は共通のものとなってくるはずなのです。 

 まただらだら長くなりそうなテーマになってしまいました・・・・でも続く。

  このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ 

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://currypanguma.blog47.fc2.com/tb.php/121-23a8c15b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。