試験委員一覧を見た

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日は雑談です。

 今日,ふとしたことで平成21年の新司法試験の試験委員の一覧を見ました。

 試験委員の半分(以上??)が実務家になっているのも隔世の感です。

 私が国際私法という法律選択科目を勉強していたころは,

  国際私法の試験委員が全員大学の教授

みたいな記憶で(そもそも4人しかおられませんでしたが),口述試験で,

  あ,この人見たことがある(写真で)

というきっと偉い先生が,私の回答を紙にすごい勢いでメモしていたのを見て,

  なんと怖ろしい試験だ

と思ったのと,たかが受験生ごときの回答を

  そんなにメモしていただいて申し訳ない

と思ったをよく覚えています(そのほかの口述試験のことは,全く覚えていないのに)。

 今は国際関係法(私法関係)にも5名中3名も実務家が入っていてこれまたびっくりです。

 さらに,私が受験生時代に,たまたまお話を伺ったことがある横山先生が試験委員でさらにびっくり。

 難しい法学の話を聞くと,すぐに眠ってしまう私が,お話がおもしろいと思った数少ない先生でした。

 最近,アンチ基本書を全面に出している私ですが,それは別にアンチ大学教授,ではありません。念のため。

 昔,(今はあるのか知りませんが)某予備校が大学教授を出題者とした答練を企画していて,私もその冊子をコピーして勉強したことがあるのですが,正直,普通の答練とレベルが違う,と感じました。

 このブログが,記憶や難しい学説が苦手でも,なんとか試験にいかに要領よく合格をするか,過酷な条件下で合格するかという視点で自説を述べているためであり,もし頭のキャパシティーと時間に余裕のある方は,基本書を読んでしっかり理解した上で資格試験を受けていただいても問題はないと思っております。

  このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ 

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://currypanguma.blog47.fc2.com/tb.php/130-85a4141c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。