ここが不思議 資格勉強法 再度まとめノート

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 さて,話を戻します。

 この話の流れがあまりに長くなったので,そもそもの話を忘れかけましたが,元はまとめノートの話だったような気がします。さて,法律系資格でも,

  ”基礎系科目”と”臨床系科目”を峻別する

  ”臨床系科目”を勉強する

ということでした。

 これがどうまとめノートと関連してくるのか,といいますと,表面的には,

 医師国家試験でまとめノートを

 作成している人を見たことがない

ということが根拠の一つです。

 まあ,そもそも医師国家試験対策の医学部生の勉強法が正しいのか分からない,択一式しかない簡単な試験と,論文がある大変な試験を比べるなといわれればそれまでですが,ブログということと,対象が司法試験のみに限定しているわけではないということで一応この点は置いておきたいと思います。

 なぜ医師国家試験で,医学部生が全くまとめノートなどを作成していないのかを考えますと,端的にいえば試験に必要がないからだろうかと思います。

 具体的にいえば,

  まとめノートに代わるような

  教科書的なまとめが販売されている

  記憶するよりも過去問が解けることが最優先

という事情があったからです。

・・・これらの事情は,あまり他の資格試験でも代わらず当てはまるのではないかと考えられます。

 もちろん,医師国家試験は,ほぼ受験生全員が使用するような教科書と過去問題集があるため,よりそれ以外の勉強をすることがなくなるという側面もあろうかと思われますが。

 しかし,旧司法試験でいえば,各初心者向け予備校講義のレジュメ・論証カード・教科書がありますし,過去問が重要なことはもちろんでしょう。

 ただ,過去問だけでは足らずに,他の問題集や予備校の答練までに手を伸ばさなくてはいけないのがちょっと違いますけど。

 以前から申し上げているアウトプットの重視,ノートを作っている暇があったら一問でも過去問を解いたりした方がまし,ということと同じことかと思います。

  このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ 

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://currypanguma.blog47.fc2.com/tb.php/131-3ef99f6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。