資格取得方法論総論③

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資格取得方法論総論② に戻る方はここをクリック

 方法論を検討する一般論といて,特に注意すべき点を上げておきます。

A 必ず試験の「合格者」の話を聞くこと

 私が(旧)司法試験を受けていたときは,司法試験のことは全く秘密にしていました。

 なぜなら,当時は医学部で司法試験を受けるような人はほとんどいなかったこともあり,いろいろと雑音が入ってくるのがいやだったからです。

しかし

 やむを得ず医学部生ごとぎが司法試験に挑戦していることを外部へお知らせしなければならないこともあります。

 私が当時家庭教師をしており,どうしても論文試験のためにお休みをいただきたい年がありました。

 そのときに,同じ家に家庭教師に来ていた方が当時30歳くらいのいわゆる

  ベテラン司法試験受験生

で,その方の耳に私が司法試験を受験していることが入ってしまったのです。

 たまたまその方と家庭教師先でお話する機会があったとき,初対面の開口一番

  君は司法試験に合格しない

  法曹になるのに不適格だ

というようなことをいわれました。

 私はぐうたらでしたが,負けん気が強かったので,このときに

  絶対にこの人よりも早く合格してやる

と心に誓ったのをよく覚えています。

 私のように性格がゆがんでいない素直な方は,こんなアドバイス?をいわれたら,落ち込んでしまうかもしれません。

 あくまでもお話を聞くのは目標とする資格試験の合格者であって,

  不合格者の意見

  資格試験を全く知らない人の意見

は基本的に過度に重視しない(反面教師としてなら可)という原則を忘れないようにしなければなりません。

B 資格試験合格前に(自称)方法論専門家にならない

 これも上記Aと似ています。

 旧司法試験時代,私は総合大学に入っていたために法学部のあるキャンパスで勉強することもありました。

 その際,周囲には

  受験年数5年~10年くらい

の方が多くおられました。

 その中の

  ごく一部の方

に,

  様々な参考書,予備校講座を受け

  専門家のように私にご指導される

方がおられました。

 基本的にこのような方は(ご本人様の自覚がないことが多いのですが)

  方法論が固定されていないため

  結果的に様々な勉強法に手を出す

ことが合格阻害の大きな要素となっている可能性があります。

 そのようなパターンに陥らないよう,早期に方法論を確立する必要性があるわけです。

資格取得方法論総論② に戻る方はここをクリック

個別方法論検討-(旧)司法試験編- (続く)に進む方はここをクリック

この記事へのコメント
このたびも含蓄のあるお言葉。できない者は、できない者に教える!一言でいうとそんなところでしょうか?肝に銘じて勉強に励みます!ありがとうございます。
2009/11/14(土) 10:36 | URL | キョロちゃん #SO3OMlUc[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/14(土) 10:47 | | #[ 編集]
キョロちゃんとブログ友達?の関係にある者です。

彼の推奨を受けて拝読させていただきました。

恥ずかしながら、仕事をしながらの6年間と仕事を辞めてからの10か月を経て、現在不合格7回を経験しております。

そして、近々生活のためもあり、政策秘書として仕事をしながら旧司ラストチャンスに臨む、という環境になる可能性が出てきました。

最後のチャンスに向かい、悔いなく全力を尽くすため、虚心坦懐に御ブログを参考にさせて頂きたいと感じています。

よろしくお願いいたします。
2009/11/15(日) 10:57 | URL | 司法浪人医師 #-[ 編集]
キョロちゃん 様

 コメントありがとうございます。
 
 身に余るお言葉で意味いります。
 今後ともよろしくお願いします。
 偉そうなことを記載してすみませんが,あくまでも一個人の意見ととらえていただければ幸いです。

2009/11/17(火) 09:53 | URL | currypanguma #-[ 編集]
司法浪人医師  様

 コメントありがとうございます。

  仕事をしながらの6回受験されたお気持ち,ご尊敬申し上げます。
私は学生をしながらでしたので,先生のようなご苦労は全くしらない甘ったれでございます。

 私も所詮,数多くいる過去の合格者,しかもすでに10年前後前の合格者でございますので,先生のご参考となるほどお役に立てる情報が提供できるか不安ではございますが,ご意見も頂戴できれば幸甚でございます。

 こちらこそ,よろしくお願い申し上げます。

2009/11/17(火) 09:55 | URL | currypanguma #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://currypanguma.blog47.fc2.com/tb.php/14-ead965ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。