旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日の続きです。

 さて、夏休み期間などの

 中だるみのリスクの高まる時期

に重要なことの一つとして,まずは,

  必要な程度のおつきあい・お遊びはキープ

をあげました。これがなぜポイントなのか,と申しますと,一つはやはり日頃,資格試験で迷惑をかけている周囲への恩返し,という積極的な側面があります。

 たとえば家族。たとえば恋人,両親など。日頃資格試験だからと気を遣ってくれていた友人たちなど。必ず配慮すべき人はいるはずです。これらの方々のためであれば,思い切って時間を使いましょう。

 自分の気分転換にもなりますし,これがかえって残り時間の効率化につながります。

 たとえば,今日は友人と遊びに行く,と決めてしまえばその前後でほんの少しだけ勉強しようという契機にもなりますし,そういう時の集中力はなかなかのものです(楽しいことが後に控えているから)。
 
 私も夏休みは結構遊びに出かけましたし,なにより部活やサークルの合宿には参加していましたので,勉強ではないものの,忙しい日程を夏休み期間中でもこなしていました。

 そんななか,やはり待ち合わせ時間が余ったら単語帳にまとめておいた定義を思い出しておいたり,サークルの合宿中は少しトイレで論証などを思い出したりと

  細切れ時間の利用

ひいては

  短時間だから我慢できる暗記物

に利用していました。ここらへんは人によって多少違ってよいと思いますが。

・・・・続く。

  このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ 

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://currypanguma.blog47.fc2.com/tb.php/142-830ed5ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。