夏休みの勉強における危険

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 先日の続きです。夏休み中にもハイペースで勉強されていた中のうちで, 私が

  勉強しているというより

  勉強している気になって満足しているだけ

と思ってしまっていた方たちは,いったいどういう状態だったのでしょうか。

 実は私自身もそうであった時期があり,後になって失敗したと感じているからこそわかるのですが,よくあるパターン=いわゆるベテラン受験生のパターン=資格試験に落ちるタイプの典型的なパターンとしては,

 基本書や百選を無意味に読んでしまう

 まとめノートなどを綺麗に作成してしまう

という大きくわけて2つの系統があると思います。

 以前,ここで解説させていただいたとおり,綺麗なまとめノートを作るのは,私個人は

  全くの時間の無駄

  勉強した気分になれる麻薬

だと思っておりますので,時間がある夏休みにこれをしてしまうのであれば,やはり遊んで友達を増やして人生を豊かにしたほうがよほどマシ,と感じます。

 前者,つまり基本書や百選を無意味に読んでしまう,というのは,それとは少し意味合いが違います。

 この点も以前あつく語っていますが,私は

  学者になるのでなく実務家になる

のであれば,基本書は少なくとも資格試験には無駄である,との立場です。

 しかし,夏休みなどで仮に時間的余裕があるのであれば,それはある程度,許容されるのではないか,と思っています。

 そこで,余裕のある夏休みにおける基本書・百選の読み込みが資格試験勉強で許容される範囲と,それが無駄・無意味になる違いとはなんでしょうか。

・・・・続く。

  このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。 

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ 

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://currypanguma.blog47.fc2.com/tb.php/144-cac19ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。