何を覚える道具にしますか? ~自作グッズ編③~

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何を覚える道具にしますか? ~自作グッズ編②~に戻る

 次に,前回お示ししたインプットのためのノート作成の際の留意点のうち,

記憶に適しているのか=読んでいるだけで覚えられますか?

という点に関して考えてみます。

 ② ノートを使ってどう覚えるのか

 ノートを作成する目的は当たり前ですが

  試験に出る知識を理解・記憶すること

だと思います。

私は,異常に記憶するのが苦手なので,昔からノートを作成してどうやって記憶するのだろうと思っていました。

 つまり,

  読んでいるだけで記憶できるのか

といつも疑問なのです。

 確かに,何十回も見直していれば私でも覚えられますが,

  なるべく短期間に,なるべく確実に

記憶するためには,やはり問題形式でないと覚えられないのではないと記憶が苦手な私は感じているのです。

 その点,単語カードは,はじめは表面を見て,裏面の答えに該当する部分を思い出していきますので,たとえば,

  弁論主義の内容は。3テーゼの定義。(民事訴訟法)

  猿払事件の規範は(憲法)

  現住放火の現住性とは(刑法)

というような感じでカード表の問題を常に頭の中で解いているようなもので,わからないと

  わすれた~,今日の帰り道でまたこのカードはやり直し

と疑問点や自分の足りない点をかみしめ,苦虫をかんだような顔で大学へ向かっていたのです。

 ノートは,基本的に答えをそのまま読んでしまうことになるので

  自分の記憶の確認作業が難しいのではないか

と私は邪推してしまいます。

 もちろん,

  書いて覚える

という側面はあるのでしょうが,それならば

 カードはその1枚の用量が限られている

 そのためツボのみを書いて整理する

側面もあります。また,ノートでも紙とかで一部を隠して覚えるという方法もあるでしょうが

  歩きながらなどきわめて短時間の間に

  ノートを出して記憶するのは難しい

ことから,やはり私にはノートを作成するメリットを感じることができませんでした。

 

何を覚える道具にしますか? ~自作グッズ編②~に戻る

何を覚える道具にしますか? ~自作グッズ編④~に進む

このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。

にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://currypanguma.blog47.fc2.com/tb.php/36-e6798e17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。