簡単な資格関連の略歴(司法修習終了まで)

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 表題にもありますが、簡単に私の必要最低限の略歴を、まずお示しいたいと思います。

まず、

1990年代後半 某医学部入学。

1990年代中頃 医学部2年生司法試験受験を検討。

          わずか数日で受験を決意。

1990年代終頃 医師国家試験に無事合格。母校内科医局に入局。

          いわゆる研修医=病院の奴隷として働き始める。

同年10月 司法試験最終合格。

       ただ研修医1年目のため、翌年4月には司法研修所にいかない。

研修2年を終了し、司法研修所に進む。

 1年半の司法修習終了後、自らの医師センスの忘却ぶりを回復するため、一時、地方中核病院で臨床三昧の日々を送る。

続く

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://currypanguma.blog47.fc2.com/tb.php/6-1692881a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。