何をつかって試験勉強する?

旧司法試験と医師国家試験を同じ年に合格したメタボが、試験ものに共通する勉強法・方法論を提案します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずいぶん回り道をしましたが,

  ③ 追加のアウトプット資料=市販問題集

について追加してお話させていただきたいと思います。

 偉そうにこのようなことを書いておりますと,きっと

  実際,おまえはどのくらい問題を解いていたんだ

とおしかりを受けそうな気がいたしますので,古い話ではありますが,私がどのようなアウトプットをしていたのか,今回は具体的に内容を挙げたいと思います。

 私が勉強を始めた当時は,また伊藤塾がありませんでしたが,合格したころには司法試験専門予備校として伊藤塾ができていました。

 したがって,私が司法試験に最終合格するころには,LEC,早稲田セミナー,辰巳,伊藤塾が大手予備校として存在していました。

 まず,過去問以外の問題集としては,

  当時出版されていた論文問題集すべて(ただし予備校もの)

  択一に関しては早稲田セミナーの電話帳のような問題集

  (前年度の模試の問題をまとめた物)

を使用していました。

 予備校の講座ものとしては,択一については

  伊藤塾以外の直前模試

は2回x3=6回受験していました。

 私が大好きだったのは,LECの

  早朝択一答練

という,朝6時30分ころから行われるやつで,1時間20問で毎日問題を解きまくるものでした。

  アウトプットの練習にもなり

  強制的に早起きさせられる

という利点があります。 当時は,択一問題の質は,

  LECが一番微妙

だった(今は知りません)のですが,合格までほぼ毎年受講していたような記憶です。

 今もあるのでしょうか・・・懐かしいです。

論文については続く・・・

このサイトは一応ブログの形で作成しています。各ブログランキングに登録しておりますので、もしお気に召した場合には、以下のボタンをそれぞれ押していただけると幸甚です(1日1回有効です)。


にほんブログ村 資格ブログへ  人気ブログランキングへ


 

 

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://currypanguma.blog47.fc2.com/tb.php/61-bea9e1a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。